ホテル雅叙園東京ウエディング

The happiness is colorful

古より、日本の大切な日はあざやかに彩られてきました。
それはただ派手に着飾り、装飾をすることが目的ではありません。
祝いにあつまったすべての人に幸せが訪れるように、心を込めて、色や柄を重ねていったのです。
吉祥を表す松や梅、扇の文様。人々を守るアカ(赤)や、若さを願うもえぎ色(緑)。
純真さを表すシロ(白)は白無垢として、さらにはウエディングドレスとして今に引き継がれています。
日本の結婚式には、色の数だけ人を想う気持ちがあります。
だから、幸せとはとてもカラフルなのです。大切な日に、幸せを呼ぶ美しい彩りを。
人生に、色鮮やかで幸せな記憶を。
それが、この国で初めての総合結婚式場「目黒雅叙園」の誇りです。
目黒雅叙園のウエディングストーリー

挙式当日の流れを写真とともにご紹介します
日本初の総合結婚式場

日本初の総合結婚式場

大切な一日を優雅に過ごす特別な空間

当時、結婚式といえば美容室、写真室、神社での挙式を経て、料亭やホテルへ移動するスタイルが主流でした。 新郎新婦や親族、参列の方達は次々と時間に追われ、特に雨の日は大変な苦労がありました。 そこで、かけがえのない大切な一日をゆったりと過ごして頂くため、 出雲大社より御霊をお迎えし、神殿・衣裳室・ 美容室・宴会場を作り、日本初の総合結婚式場としての歴史がはじまったのです。
日本初の総合結婚式場
花魁通り
美と祝福の殿堂

美と祝福の殿堂

佇むだけで絵になる慶びの舞台

1928年(昭和3年)に料亭として創業当時は、北京料理・日本料理をメインとし、お客様に本物の味を提供す ることにこだわった雅叙園。 おもてなしの心はお客様ひとりひとりにまで行き届き、どなた様にも楽しんでお過 ごし頂けるようにと、園内は当時の一流芸術家に壁画・天井画・彫刻を依頼し館内にくまなく装飾します。 やがて、東洋一の美術の殿堂、昭和の竜宮城と謳われ多くの人々に親しまれる類まれなき随一の場所となり、 縁起の良い絢爛豪華な装飾美で埋め尽くされた館内は、まさに美と祝福の殿堂。 お二人の門出を祝す晴れの日にふさわしい、贅を尽くした華やかな空間です。
招きの大門

招きの大門

招きの大門


門をくぐれば、絢爛豪華な夢幻の目黒雅叙園ワールドが待っています。招きの大門は、訪れるゲストを祝福するエントランス。瓦屋根の上の棟飾りは「縁結び」を意味しています。

招きの大門

滝と庭園

滝と庭園


四季折々に多彩な表情を見せる庭園は、やすらぎと癒しを与えてくれる特別な場所。都会の喧騒を忘れさせてくれる和みの庭園です。滝の裏側を回る“胎内めぐり”も楽しめます。

滝と庭園
アトリウムガーデン

アトリウムガーデン

アトリウムガーデン


光と水と緑が美しく調和した庭園をガラスドームで覆うようにしつらえました。西野康造作の翼型モービルや鈴木丘作の動物たちのオブジェなどのアート作品がご覧いただけます。

アトリウムガーデン

百段階段

百段階段


東京都の指定有形文化財。中国では、“百”は完結を表し、“九十九”は永遠に続いていくという意味があることから、百段階段は実際には100段ではなく99段で作られています。

百段階段
美食

美 食

美食


「目黒雅叙園」のルーツは、創業者・細川力蔵が、東京 芝浦にあった自宅を改築した純日本式料亭「芝浦雅叙園」。 創業当時は、日本料理に加えて北京料理メインとし、お客様に本物の味を提供することにとことんこだわった高級料亭でした。 より多くの人々に本格的な料理を気軽に食べていただくため、1931年(昭和6年)庶民や家族連れのお客様が気軽に入れる料亭として目黒の地に誕生したのです。 旬の食材をふんだんに使い、味はもちろん、盛り付けや器への目も華やかに、五感で楽しむお料理の数々で、おふたりとって大切な親族やゲストのみなさまに心も会話もはずむ晴れの日にふさわしいお料理をご用意いたします。

食
披露宴会場

披露宴会場

披露宴会場


お客様は来園されてからお料理を待つ間。館内散策や部屋を飾る絵や彫刻を見ながら退屈することなく過ごしたといいます。 絵画や壁画の知識がなくても、ひと目で"すごい"と思わせる絢爛豪華な装飾美は「一日をお大尽のように過ごしてほしい 」という、「目黒雅叙園」のおもてなしの精神として今も生き続けています。

披露宴会場
回廊

回 廊

回廊


エントランスからブライダルサロンへの回廊は「花魁通り」と呼ばれ、江戸時代の風俗を表した艶やかな彩色木彫板が飾られています。「玄関から一番遠い宴会場までお客様が退屈しないように」というおもてなしの心が別世界へといざないます。

回廊
組子障子

組子障子

組子障子


釘を一本も使わず、ぴったりと木片を合わせる組子は、遠く飛鳥時代から長い年月をかけ何世代にもわたって現代まで引き継がれてきた日本の伝統技術です。 菱形、三角形、亀甲、菊花など縁起の良い形が描かれ、欄間や火燈窓などにも使われ、光と影の演出で室内の装飾を引き立てます。

組子障子
彩色木彫板

彩色木彫板

彩色木彫板


花鳥風月の図や美人画、歴史絵図、伝説などを描いた色鮮やかな彩色木彫板。和の豪奢な雰囲気を醸し出す極彩色のレリーフが、特別な日を華やかに彩ります。

彩色木彫板
螺鈿細工

螺鈿細工

螺鈿細工


蝶貝などの真珠光を放つ部分を切り取って漆器や木地にはめ込む装飾が、天井や床の間など、いたるところに施されています。中でも、華麗な輝きを放つエレベータは圧巻です。

螺鈿細工
木彫刻

木彫刻

木彫刻


竹林の七賢や七福神、牛若丸、ヤマタノオロチと須佐之男命、羽衣伝説など、古くから伝わる伝説やおめでたいとされるモチーフをレリーフにした床柱を随所にしつらえました。

木彫刻
日本画

日本画

日本画


随所に飾られた日本画の数々。美人画の鏑木清方、 花鳥画の池上秀畝、花鳥画や歴史画の木村武山、 卓抜した色感の堅山南風など、 高名な画家たちの作品をご鑑賞いただけます。

日本画
美意識の殿堂

色鮮やかに束ねる想い

幸せをよぶ、日本の彩り。

日本で初めての総合結婚式場として創業以来、今もなお親子3代にわたって選ばれ悠久の歴史を刻み続ける「目黒雅叙園」。22万組を超える新しい夫婦の旅立ちと、そこから始まる家族の物語を見守ってきました。ここにはお客様の数だけ願い続けた“幸せの色”が鮮やかに刻まれています。 お二人がその日のために重ねていく想い、そのさまざまな色や柄を、鮮やかにしっかりと束ねてゆくお手伝いをさせていただきます。 歴史と伝統、想いあふれる晴れの舞台で、幸せをよぶ美しい彩りを。
Total Produce

慶びあふれる最高の門出

かけがえのない想い出の一日

創業以来これまで、お客様の多彩なニーズにお応えできる対応力を培いながら、数々のご婚礼をお手伝いさせて頂きました。 かけがえのない1日を、安心して心からお楽しみ頂けるさまざまなプラン。 挙式・披露宴だけでなく、ご結納から初宮参りまで……。一つひとつのご要望を形にするのが「目黒雅叙園」の役目と考え、 経験豊富なスタッフがおふたりの最高の門出をプロデュースいたします。
ぜひ、お二人のあふれる想いを私たちにお聞かせくださいませ。

Contact us


伝統あふれる空間の体験や、婚礼メニューの試食など見どころ満載のフェアを開催しています。


ブライダルサロン直通 Tel. 03-3491-5111 平日:11:00 - 19:00
土日祝:10:00 - 20:00

  戻る