fbpx
大正ロマン×百段階段 大正ロマン×百段階段

大正ロマン×百段階段

~文豪が誘う
ノスタルジックの世界~

開催期間:
2023年3月25日(土)~6月11日(日)

明治から大正~昭和初期にかけては優れた文学作品が数多く生まれた時代でもあります。
谷崎 潤一郎、泉 鏡花、太宰 治ほか文壇を彩った文豪たちによって現代でも多くのファンを
惹きつけてやまない名作の数々が誕生しました。
東京都指定有形文化財「百段階段」が完成したのは1935年、昭和10年のことです。
当時の画壇を代表する画家たちによって階段廊下を繋ぐ7部屋の装飾がなされ、
昭和の竜宮城とも呼ばれる絢爛豪華な建物が落成しました。
本展では昭和初期の幻想的な文化財空間を舞台に、
近代文学史に花開いた文学作品の物語世界を三次元でご覧いただきます。
文豪の名作に現代の人気イラストレーターがイラストを添える
コラボレーション・シリーズ『乙女の本棚』(立東舎)との共演のもと、
文豪たちが紡いだ物語をイラストともにお愉しみいただくとともに、
作中に登場するアイテムが立体作品となって登場します。
部屋を一歩進むごとに本の頁を1枚めくるような気持ちで、文豪たちの描き出した世界を体感ください。

● チケットの購入 ●

東京都指定有形文化財
「百段階段」企画展
公式オンラインチケット

Online Ticket Sale (English)

※未就学児の方は無料でご入場いただけます。
※入場券は、事前に公式オンラインチケットでお求めいただくか、当日受付にてお求めいただけます。
※特定のチケットは、公式オンラインチケットのみでの販売となります。
※障がい者手帳ご呈示の方は、優待料金でご入場いただけます。(介助者1名含む、当日受付へお声掛けください)
※状況により、内容を変更させていただく場合がございます。


◆チケットとレストランの「お食事」が
セットになった特別プラン◆
ランチセットはこちら

みどころ


文化財で体験する、近代文学史を彩った名作の数々。

文化財で体験する、
近代文学史を彩った名作の数々。

近代文学の名作が生まれた時代と同時期に落成した文化財「百段階段」。幻想的な空間で、物語の世界へ入り込んだようなひと時を体験いただけます。
人気イラストレーター、漫画家によって描き出される文豪たちの作品世界。

谷崎 潤一郎+マツオ ヒロミ『秘密』

人気イラストレーター、漫画家によって
描き出される文豪たちの作品世界。

「乙女の本棚」(立東舎)とのコラボレーションのもと、書籍の挿画やゲーム、CDジャケットのイラストや漫画作品などで幅広い層から支持を受ける6名の人気作家によって鮮やかに現代リミックスされたイラストをパネル展示。文豪たちの不朽の名作が新たな魅力で蘇ります。
着物でのお出かけにもおすすめ!大正ロマンの雰囲気あふれるフォトスポットも。

※写真はイメージです。

着物でのお出かけにもおすすめ!
大正ロマンの雰囲気あふれるフォトスポットも。

建築装飾に囲まれた文化財の中には本展期間中だけのノスタルジックなフォトスポットも登場!大正ロマン風コーディネートや着物でのお出かけにもぴったりです。

「乙女の本棚」シリーズとは

文豪の不朽の名作に、現代の人気イラストレーター、漫画家が描き下ろしイラストで挿絵を添えた新感覚コラボレーション・シリーズ。「名作は、かわいい。」のコンセプトのもと、小説としても画集としても楽しめる人気シリーズです。
発行:立東舎


作品紹介


萩原 朔太郎 + しきみ『猫町』
×
十畝の間

猫、猫、猫、猫、猫、猫、猫、
どこを見ても猫ばかりだ。

温泉に逗留していた私は、あるとき迷子になり、
見知らぬ町に辿りつくが、そこは不思議な光景が広がっていた。


中島 敦 + ねこ助『山月記』
×
漁樵の間

「その声は、我が友、
李徴子ではないか?」

袁傪は旅の途中、旧友の李徴と再会した。
だが美少年だった李徴は、変わり果てた姿になっていた。


太宰 治 + 紗久楽 さわ『葉桜と魔笛』
×
草丘の間

桜が散って、
このように葉桜のころになれば、
私は、きっと思い出します。

島根の城下町に暮らす姉妹。病気の妹は、ある秘密を抱えていた。


小川 未明 + げみ『月夜とめがね』
×
静水の間

月の光は、うす青く、
この世界を照らしていました。

月のきれいな夜。おばあさんの家にやってきた、2 人の訪問者。


泉 鏡花 + ホノジロ トヲジ『外科室』
×
星光の間

でも、貴下は、貴下は、
私を知りますまい!

外科室での手術で麻酔を拒否する夫人。その視線の先には、外科医・高峰がいた。


谷崎 潤一郎 + マツオ ヒロミ『秘密』
×
清方の間

私はひそかに
鏡台に向って化粧を始めた。

夜な夜な女装をして出歩く「私」は、ある夜、昔の女と再会する。
そして彼女との秘密の逢い引きがはじまった。



開催概要


■開催期間

2023年3月25日(土)~6月11日(日) ※会期中無休

■開催時間
11:00~18:00(最終入館 17:30)
■会  場
ホテル雅叙園東京
東京都指定有形文化財 「百段階段」 
アクセス

チケット情報


■入 場 料
平日土日祝
一般¥1,200¥1,500
学生¥600¥800

※要学生証呈示、未就学児無料
※5月3日(水)~5月5日(金)は土日祝料金です。
※料金は税込みとなります。

オンライン会場受付
当日
日時指定
グッズ付
■販売窓口
・ホテル雅叙園東京
東京都指定有形文化財「百段階段」
企画展公式オンラインチケット

   Online Ticket Sale (English)
※入場券は、事前に公式オンラインチケットでお求めいただくか、当日受付にてお求めいただけます。
※障がい者手帳ご呈示の方は、優待料金でご入場いただけます。(介護者1名含む、当日受付へお声かけください)
※状況により、内容を変更させていただく場合がございます。

◆チケットとレストランの「お食事」が
セットになった特別プラン◆
ランチセットはこちら

見学にあたってのお願い


東京都指定有形文化財「百段階段」ご見学にあたり、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、予防対策を行っております。皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。
詳細はこちら

■ 会場内の混雑緩和のため、入場制限を行っています。一定数になりましたら、お待ちいただく場合がございます。また、グループで来館された場合は、時間差にてご案内させていただく場合がございます。
■ 施設内は階段での移動となります。車椅子、シルバーカー、ベビーカーはご利用いただけません。
■ 会場は和室のため、靴を脱いでのご見学となります。
■ 本見学会では会場内は撮影していただけますが、以下の点をご注意ください。
・フラッシュ、ライト、三脚、自撮棒の使用はご遠慮願います。
・商業目的の撮影はお断りしております。
・展示品に撮影機器を近づけすぎるなど、展示の安全を損ねる行為は禁止しております。
・まわりのお客様にご配慮をお願いいたします。
■ 大きな荷物や傘などのお持込はお控えください。お荷物は、正面玄関ベルデスクにて、傘は傘置き場にてお預かりいたします。
■ 会場内での飲食はお控えください。また、危険物、臭気物、生もののお持込は、お断りしております。
見学にあたってのお願い
 

宿泊のご案内

お食事のご案内

フロアガイド

無料ホテルバス/アクセス
  戻る