fbpx
  • 線は、僕を描くat 百段階段
  • 線は、僕を描くat 百段階段
  • 線は、僕を描くat 百段階段
  • 線は、僕を描くat 百段階段
  • 線は、僕を描くat 百段階段
  • 線は、僕を描くat 百段階段

開催期間:
2022年10月1日(土)~11月27日(日) 
※会期中無休

2020年「本屋大賞」3位、2019年TBS「王様のブランチ」BOOK大賞を受賞した
青春芸術小説「線は、僕を描く」(砥上 裕將著/講談社文庫)。
全国の書店員から絶賛されている本作が、『ちはやふる』を青春映画の金字塔に仕立て上げた
小泉 徳宏監督を筆頭にした制作チームにより今秋待望の実写映画化に。
1935(昭和10)年に建築された東京都指定有形文化財「百段階段」を舞台に、
水墨画の技法をはじめ、映画で登場したさまざまな作品が展示されます。

● チケットのご購入はこちら ●

ホテル雅叙園東京
【百段階段イベント】
公式オンラインチケット

Online Ticket Sale (English)

※入場券は、事前に公式オンラインチケットでお求めいただくか、当日受付にてお求めいただけます。
※オンラインチケットをご購入の方で、入場時に半券をご希望の方は 受付にてお申し出くださいませ。


みどころ


色彩空間で観る水墨画の世界

色彩空間で観る水墨画の世界

“昭和の竜宮城”と称された旧目黒雅叙園を今に伝える百段階段は、類稀な彩りに満ちた空間です。白と黒で描かれる水墨画の世界を部屋ごとのテーマでご覧いただく特別企画です。
はじめて触れる水墨画の魅力

はじめて触れる水墨画の魅力

技法や道具など、興味深い水墨画の世界をわかりやすくご覧いただく展示をはじめ、四君子など基本的な画材にまつわる内容など、文化としての水墨画を感じていただけます。
映画のシーンを体感できる空間展示

映画のシーンを体感できる空間展示

映画で登場する作品を特別展示、さらに映画のシーンに登場した空間を文化財「百段階段」ならではの空間で展示演出も。映画を観た後に見学すると感動が蘇ります。
※本展内での映画の上映はございません。

開催概要


■開催期間

2022年10月1日(土)~11月27日(日) 
※会期中無休

■開催時間
11:00~18:00(最終入館17:30)
■会  場
ホテル雅叙園東京
東京都指定有形文化財 「百段階段」 
アクセス
■主  催
ホテル雅叙園東京
■協  力
砥上 裕將・小林 東雲・講談社

チケット情報


■入 場 料
当日券¥1,200
特別前売券¥1,000
(9月30日(金)まで/館内 16:30まで)
学生¥600 ※要学生証呈示
未就学児無料
※入場券は、事前に公式オンラインチケットでお求めいただくか、当日受付にてお求めいただけます。
※障がい者手帳ご呈示の方は、優待料金でご入場いただけます。(介助者1名含む、当日受付へお声掛けください)
※状況により、内容を変更させていただく場合がございます。


◆チケットとレストランの「お食事」が
セットになった特別プランです◆
ランチセットはこちら
◆チケットと着物レンタル、
レストランの「お食事」が
セットになった特別プランです◆
着物ランチ ~アートと文化財見学~はこちら
◆映画『線は、僕を描く』
鑑賞者優待◆

■企画展、レストラン割引
映画チケットの半券をご呈示いただくと、本企画展や、館内レストランを優待価格でご利用いただけます。
【企画展】
一般 ¥1,200 → ¥1,000 / 学生 ¥600 → ¥500 
※当日受付にてお求めの方に限ります。(オンラインチケットは除く)
【レストラン】ご飲食 10%割引
対象レストラン:中国料理「旬遊紀」、日本料理「渡風亭」、New American Grill “KANADE TERRACE”、RISTORANTE “CANOVIANO”、Cafe&Bar「結庵」

■2回目割引「あのシーンをもう一度キャンペーン」
映画公開前2022年10月20日(木)までに企画展にお越しいただいた方に特別優待券をご進呈。映画公開後、映画チケットの半券と共にご呈示いただくと、50%割引いたします。映画の感動を改めて体感いただけます。
●一般 ¥1,200 → ¥600 / 学生 ¥600 → ¥300
※オンラインチケットは対象外



映画『線は、僕を描く』


大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で運命の出会いを果たす。
白と黒だけで表現された【水墨画】が霜介の前に色鮮やかに拡がる。
深い悲しみに包まれていた霜介の世界が、変わる。
巨匠・篠田湖山に声をかけられ【水墨画】を学び始める霜介。
【水墨画】は筆先から生み出す「線」のみで描かれる芸術。描くのは「命」。
霜介は初めての【水墨画】に戸惑いながらもその世界に魅了されていく―

[キャスト]
横浜 流星
清原 果耶 細田 佳央太 河合 優実
矢島 健一 夙川 アトム 井上 想良 / 富田 靖子
江口 洋介 / 三浦 友和

2022年10月21日(金) 全国東宝系にて公開

© 砥上 裕將/講談社
©2022 映画「線は、僕を描く」製作委員会



定価 ¥858(税込) 講談社文庫

原作紹介 『線は、僕を描く』
(講談社文庫)

砥上 裕將


できることが目的じゃないよ。
やってみることが目的なんだ。

深い喪失のなかにあった大学生の青山霜介は、
巨匠・篠田湖山と出会い、水墨画の道を歩み始める。
素晴らしい絵師たちとの触れ合いを通し、
やがて霜介は命の本質へと迫っていく。
青春小説と芸術小説がひとつになった、
温かな涙あふれる最高の読後感をお届けします。


作者:砥上 裕將(とがみ・ひろまさ)
1984年生まれ。福岡県出身。水墨画家。
『線は、僕を描く』で第59回メフィスト賞を受賞しデビュー。
同作品でブランチBOOK大賞2019受賞。2020年本屋大賞第3位に選出された。
近著は、新人視能訓練士の成長を描く『7.5グラムの奇跡』(講談社)。




見学にあたってのお願い


東京都指定有形文化財「百段階段」ご見学にあたり、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、予防対策を行っております。
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。
詳細はこちら

■ 会場内の混雑緩和のため、入場制限を行っています。一定数になりましたら、お待ちいただく場合がございます。
また、グループで来館された場合は、時間差にてご案内させていただく場合がございます。
■ 施設内は階段での移動となります。車椅子、シルバーカー、ベビーカーはご利用いただけません。
■ 会場は和室のため、靴を脱いでのご見学となります。(素足を避け、靴下などの着用をお願いいたします。)
■ 本企画展では、一部の作品、会場を除き撮影していただけますが、以下の点をご注意ください。
・フラッシュ、ライト、三脚、自撮棒の使用はご遠慮願います。
・商業目的の撮影はお断りしております。
・展示品に撮影機器を近づけすぎるなど、展示の安全を損ねる行為は禁止しております。
・まわりのお客様にご配慮をお願いいたします。
■ 大きな荷物や傘などのお持込はお控えください。お荷物は、正面玄関ベルデスクにて、傘は傘置き場にてお預かりいたします。
■ 会場内での飲食はお控えください。また、危険物、臭気物、生もののお持込は、お断りしております。
見学にあたってのお願い
 

宿泊のご案内

お食事のご案内

フロアガイド

無料ホテルバス/アクセス
  戻る