ホテル雅叙園東京

CANOVIANO

  • 営業時間
  • [平 日]11:30 - 14:30(L.O.)/17:30 - 21:30(L.O.)
    [土日祝]11:30 - 15:00(L.O.)/17:30 - 21:30(L.O.)
  • 座席数
  • 店内66席(個室1部屋)テラス席24席
Tel. 050-3188-7570
レストラン総合案内 (9:00 - 20:00)

おいしい驚きを喜びの声にするために

自然派イタリアン。シェフ植竹が目指すのは、とことん無駄をそぎ落として、素材の究極の味を引き出すこと。
にんにくや唐辛子、バター、クリームなどの動物性油脂を極力使わず、オリーブオイルや野菜などの 自然の味わいにこだわった一皿がお客様をお迎えします。

アーリークリスマス & クリスマスメニュー
12/1~12/25

アーリークリスマスメニュー

12月1日-12月25日 (23日、24日はなし)

1名様 ¥ 10,000

○縞海老とカラスミの冷製カッペリーニ
○寒ブリの炙りカルパッチョ サラダ仕立て
○真鱈の白子のソテーとユリ根の焼きリゾット 赤カブ、京人参、ポロ葱のソテー添え
○甘鯛のうろこ焼き カラフルトマトと黄柚子のソース 京花菜のソテー添え
○香草を練り込んだタリアテッレ 鳩とポルチーニ聖護院大根のラグー
○黒毛和牛ランプの鉄板焼き モリーユソース 黒トリュフがけ 冬の焼き野菜添え
○カノビアーノドルチェ
○カフェ

クリスマスメニュー

12月22日-25日

1名様 ¥ 15,000

○縞海老とカラスミの冷製カッペリーニ
○寒ブリの炙りカルパッチョ サラダ仕立て キャビア添え
○蝦夷鮑ソテーとユリ根、黒トリュフの焼きリゾット 赤カブ、京人参、ポロ葱のソテー添え
○甘鯛のうろこ焼き カラフルトマトと生雲丹のソース 京花菜のソテー添え
○香草を練り込んだタリアテッレ 鳩とポルチーニ聖護院大根のラグー
○牛フィレ肉のポワレ モリーユソース 黒トリュフ添え
○栗のカフェラッテ
○カフェ

植竹 隆政

Capocuoco


植竹 隆政 

Takamasa Uetake

1963年神奈川生まれ。 日本における自然派イタリアンの第一人者。にんにくや唐辛子、バターやクリームなど動物性油脂を極力使用せず、オリーブオイルや野菜など自然の味わいを大切にしている。京料理の優しい味わいに感銘を受けたことをきっかけに、野菜を中心に国産の食材を多く使用した、上質で身体に優しい健康的なイタリアン料理を提供し続けている。京野菜や日本古来からの在来種とよばれる野菜にも精通し、開業時から仕入れている北海道産の縞海老など、全国の希少な食材を季節ごとに取り入れている。ドルチェについては、イタリアの修行をはじめ、世界各地をめぐり、旅の出会いや思い出とともに生み出されたメニューが多くの人に愛されている。

Reservation

レストラン総合案内 TEL:050-3188-7570(9:00 - 20:00)

ご予約 お問合せ

おすすめ


おせちが登場

“CANOVIANO” おせち

新年の乾杯のワインによく合う逸品

一段重 ¥20,412~

百段階段見学ツアーとお食事

百段階段見学ツアーとお食事

普段は一般公開できない保存建築“百段階段”を目黒の歴史とともにご案内。

1名様 ¥4,800~

レストランウエディング

レストランウエディング

緑と水辺に囲まれたリストランテ「カノビアーノ」がゲストを迎える。一棟貸し切りだからこそ、おふたりのこだわりが叶います。

貸切/営業時間のお知らせ


○ 印 = 通常営業

2017年11月
30

31

1

2

3

×

終日CLOSE

4

×

終日CLOSE

5

ランチ
CLOSE

6

7

8

9

10

ランチ
~15:00

ディナー
CLOSE

11

×

終日CLOSE

12

ランチ
CLOSE


13

14

×

終日CLOSE

15

16

17

18

×

終日CLOSE


19

ランチ
CLOSE

20

21

22

23

ランチ
CLOSE

24

25

×

終日CLOSE

26

ランチ
CLOSE


27





28





29





30





   
2017年12月
     1

2

×

終日CLOSE

3

ランチ
CLOSE

4

5

6

7

8

ランチ
CLOSE

9

×

終日CLOSE

10

11

12

ランチ
CLOSE

13

14

15

16

ランチ
CLOSE

17

ランチ
CLOSE

18

19





20

21

22

23

24

25

26

27





28





29





30