fbpx

京の雅 ~祇園甲部 芸の世界~


ホテル雅叙園東京で楽しむ、京都でしか体験できない芸妓・舞妓による演目とお食事会。


京都には祇園甲部・上七軒・先斗町・宮川町・祇園東といった五花街があり、
今回は八坂神社からほど近く、格式高いといわれる「祇園甲部」の芸妓衆にお集まりいただきます。
芸妓・舞妓ならではの優美な“京舞”を鑑賞いただき、その後ホテル雅叙園東京の料理人が渾身の腕を振るう和・洋・中の特別折衷料理をご賞味ください。
出演者の芸妓・舞妓によるお席へのご挨拶もございます。どうぞ雅な一日をお過ごしください。

開催日


2019年2月24日(日)

第一部


 15:30 - 受 付
 16:00 - 開 演
 17:00 - お食事
 18:15   終 了

第二部


 19:00 - 受 付
 19:30 - 開 演
 20:30 - お食事
 21:45   終 了

演目


一、鶴亀
二、春遊び
三、四季の流れ 夜桜
四、一管
五、仐づくし
六、祇園小唄
※演目の内容は変更になる場合もございます

京をどり

料金


一般 1名様 ¥26,000

ファミリークラブ会員 1名様 ¥23,000

※料金には、消費税・サービス料が含まれます。

会場


ホテル雅叙園東京2F「舞扇」

出演者:祇園甲部「一力亭」


京をどり

■祇園甲部(ぎおんこうぶ)とは
寛文5年(1665年)に、水茶屋を起源とする茶や営業が祇園界隈において初めて許可され、祇園新地六町(川端町・中之町・弁天町・二十一間町・常磐町・東石垣町)に百件を超える御茶屋が造られました。享保17年(1732年)には、八代将軍徳川吉宗が茶屋株を公許し、富永町・末吉町・清本町・元吉町・橋本町・林下町の“祇園新地内六町”に茶屋町が造られ、花街としての祇園甲部が始まりました。昭和51年、祇園新地界隈を伝統的建造物群保存地区に指定、平成11年には祇園町南側地区が歴史的景観保全修景地区に指定されました。

チケットのご購入


ホテル雅叙園東京「PATISSERIE栞杏1928」オンラインショップよりお申込いただき、クレジットカード決済でのご購入が可能です。

お電話でお申込みの場合は、下記振込口座番号へ銀行振込でお支払いください。
※振込手数料はお客様ご負担となります。

【京の雅 ~祇園甲部 芸の世界~ チケット振込口座】

三井住友銀行首都圏支店  普通1106530  カ)メグロガジョエン



お申込み・お問合せ



■ お電話

ホテル雅叙園東京 営業部
TEL: 03-5434-3860 受付時間:10:00 - 18:00

  戻る